イーグルズ・アイで練習

鷹匠 Hunting

どうも、しょーたです。

今日は、練習方法を。
タイトルの通り、イーグルズ・アイでの
練習について話していきます。

ちなみにイーグルズ・アイはダーツライブ1に
入っているプラクティスのゲームです。

8ラウンド設定で、インブルが50点、アウターブルが25点。
ブルしか得点にならないというゲームです。

これは、私も教えてもらって一時期やっていた
のですが、初心者向けですかね。

当時、私がリーグに参加したときは、
Rtが7以下が沢山いました。

そこで、よく練習を見てくれてた店員さんが
「イーグルズ・アイでブルを狙うことだけを練習しろ」
と度々言うようになったんです。

もしかしたら、1501を練習するより、ラウンド数が
少ないし、回転率がいいからって理由が本音で、
お金を使わせる手段なのでは・・・?

と一瞬疑いましたが、これにはちゃんと理由があったみたいです。

理由は2つあります。

ひとつめ初心者はカウントアップをやると、どうしても
キャッチの高い低いに反応して一喜一憂しがちです。
違う人もいるけど。

大事なのは、「点数」ではなく「ブルに入った本数」
いうのを、わからせるための練習だと。

2つめは、1501や1101を練習すると、
長いし、上がれるレベルではないので
一投一投を疎かにしてまう人が多いから。

というのが、店員さんの主張でした。
なので、店員さんは、お客さんのレベルに合わせて
「君は○本を目標に投げてみようか」
とアドバイスしていました。

キャッチで一喜一憂しない人や、一投一投を
大事に投げる人は不要だと思いますが、
当てはまる人は、やってみたらいいかもしれません( ̄ー+ ̄)キラーン

ただ、私は上に挙げた例に当てはまらないし、ひねくれ者なので、
どうしても「お店の利益のために言ってるのでは・・・!」
と勘繰ってしまいますが。

 

考えすぎ?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談