ローテーションの応用練習:上達するための具体的な練習方法

練習初め

これは、よく言われているかはわかりませんが、
Rt.16のD-Crownプロだった方に私が聞いた
練習方法を紹介します。

ダーツライブ1に入っています。

たしか2にはなかったはず。でも、最近、大きいところに
いけばいくほどライブ1は減ってきましたね(^v^;)

まずはルール

マイナーで、あまりやる人もいないのではないでしょうか。一応、ルールを書いときます。

ダーツボード

ローテーションは、1,2、3、4、5…20、そしてブルという順番で投げていきます。

1のシングルに入れば2に進み、次は2を狙います。
これを1~20、ブルに3本入るまで続けていきます。

また、ダブルに入れば2つ進み、トリプルに入れば3つ進みます。

例えば、ダブルに入れば1 → 3に進むので3を狙い、
トリプルに入れば1 → 4に進むので4から狙います。

また、3本ずつ投げるのですが、最後の3本目が
狙っているところにヒットすればラウンドが進まず、
ずっとプレイし続けることができます。

練習方法

実際は、普通にゲームをするだけでも
練習になるのですが、ここではもう少し
難易度をあげた練習方法を教えます。

ローテーションは、最後の1本が入れば
ラウンドが進まないので、最後の1投げだけ
指定ナンバーを狙って、それ以外の2本は
ブルを狙うという練習方法
です。

つまり、ブル → ブル → 指定ナンバーと、永遠と続けていきます。

この練習法のいいところはシングルをしっかり狙う練習
ブルを狙う練習
と、打ち分ける練習が同時にできるところです。

まずは、シングル。シングルを練習する
人ってなかなかいないと思います。

しかし、シングルを3本確実に入れられたらRt.10になれます

しかも、キャッチでトリプルに入ってしまえば、
それだけでRt.13くらいになれるそうです。

私も実際に、シングルばっかり練習していたら、
クリケットのスタッツ3がガンガン出てました。

次にブルを狙う練習。これは当たり前ですよね。

ブルに入れられれば、どこでも狙えると言われますし、
練習といったらブル練習は基本です。

最後に、打ち分けの練習です。例えばクリケットで20を狙って
投げた後に19を狙うとはずれやすかったり、18を狙った後に
16を狙うのって狙いずらくないですか?

それは、いつも01とかカウントアップで
同じところに投げる練習しかしてないから
です。

上と下を打ち分けるとハズすけど、一か所を
狙って投げたら、徐々に入りだしてきます。

これは慣れていないだけです。苦手意識が、
結果を左右するのでこういう練習をすると、
01のあがりにも強くなれます

 

以上が

これが、私がよくやっている練習方法のひとつです。

かなり地味な練習なので、飽きるかもしれませんが、
上達のためにはかなりいいんじゃないんでしょうか。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談