肘を動かさないで投げられるように練習中

200953000197

どうも、しょーたです。

回転がかけられるようになったのはいいものの、
それ以外の全てがブッ壊れました。

なので、修正中。

で、まずは肘が動かないように練習。
現在メチャクチャ、肘がアクティブに動いてます。

ダーツを始めた当初から、引いたときからのクセなんですよね。

テイクバックした時に肘が上がって、直したら次は
肘が下がるようになって、今はテイクバックしたら肘が
内側に入り、かつ肘が下がるようになってしまいました。

定期的に直さないと気付いたら崩れるんですよね。

プロスポーツ選手も同じらしい。

ずっと続けていくとフォームが崩れたり
微妙に変わってしまったりするんですって。

で、わざわざ専属コーチを雇ったりするのって人に見てもらって、
その微妙な変化を改善するためなのだとか。

って何かの本で昔読んだ気がする。
ということで、フォームは崩れる or 変化するので
定期的に見直してます。

いつもやっているのは、まずはどう動いてるかを確認してます。

だいたい、肘が動いていたり体が動いたりするのって
人に言われて気づいたり、自分のフォームを動画で
撮ったときじゃないですか。

気づけないからクセなんですよね。

まずは認識。

で、認識した後ははボードを見ずに腕だけ見ながら投げてます。
外れてもいいので、肘が動かない投げ方の感覚を覚える。

感覚を覚えたら、その感覚を再現するように投げてみて、
無意識にその動きが出来るようになるまで繰り返す。

動画を撮って確認してできてなかったらまた肘が動かない投げ方の
感覚を覚えて・・・、それがクセになるまで練習する。

意識して「肘を動かさないようにして、体も動くから意識して、
手首はリリースするときまで固定して、狙い方は・・・・」
なんて考えていたら無理です。

自分はそんなことしてたら絶対に入らないです。
不器用なので(^^;)

入ってる時って、狙うことだけに集中しているときです。
投げ方はほとんど意識してないです。

極力他の部分は意識しないで出来るように
クセになるまで繰り返す。

自分の意識の中にないものには気づけないので、
常に動画でチェックか、周りの人からのアドバイスを
聞くようにしています。

ということで、今はフォームを矯正中。

あと、もっとゆっくり引いて、体を動かさないようにして、
ほかにも色々あるから、直すのに時間がかかるな(^^;)

 

 

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談