ダーツの上達の早さの違いって?

www.dotup.org514176

どうも、しょーたです。

先日、歩道をトコトコ歩いてたら後ろからチャリに
のったおじいちゃんが近づいてきました。

おじいちゃんは、前を歩いてた私が道を塞いでいて邪魔だったらしく
「どけー!通れねぇだろ、ッバカ野郎ッッッ!」
と言い放ち、颯爽と通り抜けていきました。

私は「いつまでも元気で、良いことだ」と、そう思いました。

自分は、なにか新しいことを始めるとき、基本的に人より成長が遅いです。
もしくは良くても普通くらいです。

「なんで同じ時期に始めた人て同じ練習量で同じことを
しているのに、人より劣ってしまうのだろう」といつも落ち込んでいました。

それが才能だと思っていました。

・・・と思っていたのですが、最近それが
どうやら違うというのを教えてもらいました。

 

スタートラインが違う

これは知人から言われたことですが
「そもそも、スタートラインから違うんだよ」

と言われました。

いやいや、一緒じゃん。

だって、同じ時期に始めて同じ練習量で同じことを学んだんだよ?
どこに違いがうまれるんだよって思っていました。

その人は「そこじゃなくて、始める前の経験だよ。」と教えてくれました。

それまでの経験。

それは、子供の頃や高校で真剣に取り組んでいたサッカーや
剣道などのスポーツの経験であったり。

普通の人は受からないような学校へ進学するために誰よりも
勉強した経験であったり。

海外に留学して、真剣に他国の文化や
語学を学んだ経験であったり。

そうやって、人生において、なにかにつけて経験値が多い人は、
その他の人生での経験値が少ない人より成果を出しやすいそうです。

真剣に何かに取り組んだ人は、自分で考える力が身についていて、
気をつけるべきポイントやコツを捉えたりするのが上手いのだとか。

いっぱい引き出しがあるんですって。

だから、今能力のない自分について考えていても
時間の無駄だから、今から人より考えて、人より勉強して、
人より実践しろと言われました。

これは、その人が、ある経営者から聞いた言葉だそうですが
「人間は同じスペックのパソコンだ。それじゃあ、何が差を
付けるのかそれはインストールするソフトが違うだけだ」

これを語る彼はドヤ顔でした。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談