考えないで投げるのが、上達への近道

Driving Range

みなさんは普段、呼吸はしますか?
しないと生きていけるわけありませんよね(笑)

ただ、もし、あなたが当たり前にしている呼吸が、
『ダーツ上達の秘訣』だとしたらすごくないですか!?

どういうことかというと・・・
普段は、呼吸って無意識でしてると思います。
「まずは、空気を吸うようにと脳から命令を出す。
横隔膜を下げて体内に空気を取り入れて鼻から喉を通って肺に・・・」
なんて、いちいち考えないですよね?

では、一度意識をして呼吸をすることを試してみてください。
「空気を吸うようにと、脳から命令を出します。
横隔膜を下げて体内に空気を取り入れて鼻から喉を通って肺に・・・」

なんてやっていたら息苦しくて、呼吸出来ないですよね?
だって普段意識してやってないですもん。

ただ、実はこれ、ダーツでも同じなんですよ。
意識してダーツを投げることは逆効果です。
体が自然に動くようになるまで、反復練習をする
ことがダーツ上達の秘訣です。

ちなみに、これゴルフの上達方法として、本で紹介され
ていたのをダーツにしただけなんですよ。
ただ、ダーツにもあてはまるので紹介しました。

この話に、しっくりこない人は普段こう
考えて投げている人はいないでしょうか?

投げている感覚が気持ち悪い
しっくりくるグリップが見つからない
ブルを凝視しながらブルに向けて投げてるのに入らない
肘 or 体を意識して動かさないようにしてるのに上手くならない

こう考えて投げていて、上達しない人は特に試してみてください。

誤解をおそれずに言えば、これらは全て逆効果です

もちろん、フォームを作ることは大事ですが、
最終的には「投げること」ではなく「入れること」に集中するのが重要です。

これが一番わかるのは、「対戦していて楽しいとき」や
「対戦に集中しているとき」です。

思いだしてみてください

対戦中に、
「よくわかんないけどガンガン入る(^^)」ってときや
「こいつには負けたくない<`ヘ´>」と思って対戦してるときって、
体の動かし方のことは考えてなくて、入れることに集中してませんか?

で、そういうときってかなり入りませんか?

是非一度試してみてください(^-^)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談