ダーツへの回転のかけ方:考察

回転木馬

どうも、しょーたです。

タイトルのとおり、
以前書いた記事の続き。

前回の記事:ダーツへの回転の掛け方と腕の振り方

自分のメモ用に。

なかなかうまくダーツに回転がかけれない。
というか、矢先がけっこう暴れてしまう。

ということで、指の使い方を
ずーっと投げながら試してました。

で、一つ解決したのは、グリップの深さです。

「そもそも、最初から指で持ってるんじゃないの?」
って思うでしょうけど、さらに指先に近い部分で
グリップしてみることにしました。

ちなみに最初は、リリースをする前に一度握りこんでから投げてます。

2012-10-12_012359

なんでかっていうと、握り込んだ状態から
回転をかけようとすると、
どうしても指に力が入り過ぎてしまって
指で変にイジってしまいます。

一度握り込むという動作をいれると力加減がしやすいかったんです。

ただ、こんな風に回転を掛けようとすると
指離れが悪いんですよね。
親指と人差し指・中指の腹でしっかり回転を
かけてしまう。

これだと、結構引っ掛かって矢先が暴れまくってします。

なんで、前よりもグリップを浅くしてみることに

2012-10-12_012906

見づらい?

これだと、指離れがいいし、回転も掛けられるので
今はこれで練習中です。

以前だとけっこう指離れが悪かったのが、

2012-10-12_014139

指先でグリップしたら、指離れがよくなった

2012-10-12_014200

このグリップで安定しだしんで、後は腕の振り方かな?

先にグリップを治そうと意識したあまり、
テイクバックと腕の振りが酷いことになって。

いや、もしかしたら明日には
こんなグリップはダメだって言ってるかもしれないけど。

しばらくは、これで練習して見るつもり。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談