筋肉をつけてグルービングアップ?

37d27d95_thumbダーツを初めて、最小のころはどこに行っても「力むのはよくない」「力が入りすぎている」とよく言われていました。

 

 

 

どうも、しょーたです。

ダーツに「力はいらない」と言われているけど、
ないよりあった方がいいんじゃないかと最近思ってます。

確かにいらないといえばいらないですけど、
ある程度矢速がないと飛びが安定しないのも事実。

女性で、逆に「もっと力をいれて投げろ」と言われてる人も見ます。

それに、放物線が小さいほど狙いやすくなると思います。
放物線が小さい方が、ラインをイメージしやすいし、上下の
ズレが少なくなるんじゃないかなと思います。

自分は、ダーツ初めた当初はメチャクチャおもいっきり
力を入れて投げてました。

どのくらいおもいっきりかというと、新品のフィットフライトが
1スローで裂けるくらい全力で投げていました。
(それ以来、フィットフライトだけは使わなくなりました)

いろんな人に力を抜けといわれて、
力を抜いたら結局上達したんだけど 笑

ただ、おもいっきり投げてた時の方がアベレージは
低かったけど、スタッツのMAXは高かった記憶があります。

いつもはバラバラだけど、グルービングするときは、
バレル同士があたるくらいグルービングしてたと思います。

もちろん力が無くてフワッと飛ばしてもバンバン
入れる人もいっぱいいるけど、無いよりもあった方が
いいのでは?

ということで、自分で試してみることにしました。

今度は力むんじゃなくて、力をつけて軽く
投げても飛ぶようにしてみます。

最近は座りっぱなしなので、運動不足解消の
ためっていう方が大きいんだけど。

ということで、具体的に何をやるかというと拳立てです。

2013-01-26_010438

腕を伸ばすのに必要な三頭筋と前腕を同時に
鍛えられるので、リストカールとかを部分ごとに
細々やるよりはこれが一番楽。久しぶりだから、
たぶん、今やったら20回くらいしかできないと思うけど
100回を目標にやっていきます。

そういえば、フィットフライトが裂けるくらい思いっきり
投げていたときに一人だけ「そのままでいい」って言ってた
人がいました。

たまたまハウストーナメントに出ていたおじさんで、
ダーツバーの経営者でハードの運営とかにも携わっていた
とかなんとか。

01のスタッツが毎回100以上だったからかなりうまかったと思う。

そのおじさんが「どうせ、後から入ってくるんだからガンガン
思いっきり投げなさい^^」ってアドバイスしてくれたことがありました。

ということで、「ダーツは筋肉」でがんばっていこうと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. まこや より:

    ダーツは筋肉!!

    リーグ中は筋肉痛で投げられなくなるのが怖くて、筋トレ禁止令を出していたんです。

    来月リーグが終わったら、筋トレして揺れる二の腕をおとなしくさせたいですわー

    腕立ても膝をついてやってる私には、拳立てというのは神業に思えます~

  2. しょーた より:

    まこやさん

    コメントありがとうございます!

    リーグなんかがちょくちょくあると、迷惑がかかりそうだからガッツリ

    鍛えたり、コロコロとフォーム変えたりできませんもんね(^^;)

    脇をしめての拳立て(腕立てでも)は、二の腕に効果抜群です!

    手を思いっきり握れば意外といけますよ^^


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談