狙い方

200953000134

狙うとはなにか

これは、辞書からの引用です。

目標に命中させようとして、弓・鉄砲などを構える。照準を定める。また、矢・弾(たま)などを目標物に命中させようとする。

ダーツに関して言えば、狙うとはどういことでしょうか?

狙うと言う言葉から言えば
・構える(アドレス)
・標準を定める(目で狙いたいところをみる)
・命中させようとする and 撃つ(ラインを意識する? and 投げる)こういうことだと、私は解釈しました。

よく、「どうやって狙うんですか?」と質問したら、
大抵「ラインをイメージして飛ばすんだよ」と返事が
返ってきました。

こうやって考えると、私は的の見方に関して
だけは誰からも教わらなかったし、そもそも自分で
気にしてなかったです。

そして、私がある程度グルービングするように
なったのって、ボードの見方を変えてからなんですよね。

今思えば。

ここでは私が聞いた狙い方についてと、
私の狙い方を書いていきます。

ラインをイメージして投げる

どうやって狙うんですか?と聞いたら
ほとんどこう返ってきました。

私が教えてもらった、狙い方のうちの一つです。

ダーツを投げる際には、目、矢、的が一直線に
なるように構えて自分のダーツの飛び方、飛んで
いく軌道をイメージして、そのイメージをなぞるように
投げる(腕を出す or リリースする)と言われます。

2012-11-18_183000

写真のように、チップの先から線が出て
いるようなイメージを持つといいようです。

人によっては、これが線ではなく筒をイメージして、
そこにダーツを通すように投げるイメージという方もいます。

2012-11-18_183240

よく色々なトッププレイヤーの投げ方のインタビューなどを
見ましたがラインを意識してるか聞かれたら100%意識して
いると答えています。

イメージも重要なんですね。

 

どこからラインを意識するか

以前、もう一つ狙い方で教えてもらいました。
狙い方には2種類あるということです。

1:アドレスした状態から狙う
2:テイクバックの最下点から狙う
の2種類があると私は聞きました。

アドレスした場所から狙うとは、構えたところに
腕を戻そうとするような投げ方です。

テイクバックの最下点から狙うというのは、
引ききった所から引ききったところかなら
狙う投げ方です。

これは人から聞いた狙い方です。

あまり同じことを言ってる人を知りませんが、
確に違うと言えば違いますよね。

これは、好みとか癖じゃないでしょうか。

 

ボードの見方

あと、ボードの見方について。
的だけでなく、全体的に見るというのが
どうやら重要なようです。

私は最初、ブルをじっと見ることが狙うこと
だと思っていました。

それだとなかなかグルービングしないんですよね。
このときずっとRt.7でした。

で、変えた見方というのが、手元(リリースポイント)を
見て、常に同じ所でリリースできているかを意識しだした
ことです。

今までブルを凝視していたのを、「ブル」と「手元」の
両方を意識して見るようにしたら、そこから徐々に
上達して行きました。

毎回同じところで、放せていたら、
毎回同じところに飛んでいきます。

そのリリースポイントで放すために、
手元をしっかり見てないと、投げたい
位置で投げれてるかわからないですよね。

的と手元を全体的に見る。

一度試して見てください。
フォームなど、まだ気にするところが
たくさんある人は難しいかもしれませんが、
おそらくこれでだいぶ変わると思いますよ。

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談