自分の利き目を簡単に知る方法

201205012000023

どうも、しょーたです。

狙うような競技では、利き目が非常に重要です。

腕や足に「利き腕」や「利き足」が
あるように目にも「利き目」があるんです。

ダーツの場合だと、テイクバック(構えた所から引いてくること)の
際は自分の利き目側に引いてくるのが一般的です。

ただ、利き目に引くって言われても、
どちらの目がわからないですよね。

ということで利き目を知ることが出来る簡単な方法を紹介します。

 

利き目を知る方法

それでは説明していきます。
本当に簡単です。

 

1:最初に目で見る対象物を決めて、3~4mほど離れます。
対象物はなんでもいいです。
時計・携帯・ダーツボード・ティッシュ箱・・・ etc
身の周りにあるもので大丈夫です。

2012-11-13_184930

2:次に顔の前で、両手の親指と人差し指で三角形を作って対象物を見ます。
まずは両目で、指で作った三角形の中にしっかり対象物を捉えましょう。

2012-11-13_174932

3:2の状態をキープして、左目を閉じて右目だけで対象物を見ます

4:次に同じように、右目を閉じて左目だけで対象物を見ます

やってみましたか?

こうのように見てみると、右目で見たときと
左目で見たときで違いがあるのがわかりますか?

私の場合だとこうなります。

2012-11-13_175427

これは、私の利き目が右目だということです。

このうように全体像が見えやすい
の目が”利き目”です

無意識のうちにどちらかの目を軸に
捉えていたんだなというのがわかります。

希に両目利きという方もいらっしゃるよう
ですが、基本的にはどちらかに偏るはずです。

なぜ、利き目が重要か?

利き目を知ることが重要と言いましたが、
なぜ重要なのか?

それは、腕を出すときに、目、腕、矢が一直線に
なるように、投げるのが基本だからです。

弓道や射撃などの競技でも同じです。

狙う競技は、目、矢 or 銃、的が
一直線になるように構えます。

弓道だと、利き手と利き目が違ったら
わざわざ矯正させられるそうです。

ただ、ダーツに限って言えば、右手が利き手で、
左目が利き目のプロの方もいらっしゃるので、目、矢、的が
一直線になるよに構えられれば問題ありません。

これから、フォームを作っていく上で重要
なので、まずは確認してみてください。

ちなみに、ダーツでいうと有名な選手で言えば
フィルテーラーという選手です。

ついで、フィルテーラーの動画を載せておきます。
背が小さい方がフィルテイラーです。

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 刺身 より:

    まず冒頭の写真で笑ってしまいました^^

    毎回、画像を使って丁寧に解説されてて、
    頭が下がる思いですm(_ _)m

    それにしてもフィル・テイラーは、すごいですね
    最後の10ダーツは、興奮しました

  2. しょーた より:

    刺身さん
    頭の画像、癒されますよね^^

    画像は地味に時間がかかっているので
    そういってもらえると嬉しいです(^ω^)

    フィルテーラーは本当にすごいですよね!
    動画を見てたら、いつも投げたくなります


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談