前ラウンドで勝っていたら強気に攻める

3474b2be

どうも、しょーたです。

今回は前ラウンドをとっていたら強気にいく
という話をします。

ちなみに、お互いRt.7という設定で話を進めていきます。

 

例えばこんな状況

自分が先行で2本投げて、残り1本で下記の
図のような状況になったとします。

ちなみに、これは自分が01で相手に
負けている状況なので先攻です。

2012-11-13_010531

この場合、もし仮に最後の1本でクローズに
いって締め切れなかった時

2012-11-13_010736

こうなってしまいます。これは、結構危ないです。

次のラウンドで相手がいきなりT19に入れてしまえば、
その時点で2本分の差をつけられてしまいます。
(※2本分の差とは、S20に2本入れなければ相手と同じ状況に戻せないという意味です)

さらに

お互いRt.7であれば、実力的に言って次のラウンドに
クローズに来れないと踏んで残りの2本で、こちらのクローズに
くる可能性の方が高いんです。

仮にクローズされなくても

2012-11-13_011257

こうなってしまったら、次ラウンドでほぼ
確実にクローズされてしまいますよね。

だって、スタッツ通りだったら、
自分が投げた終わった時点でこうなって

2012-11-13_011433

結局次ラウンドで相手にクローズ → オーバーまでされるでしょう。

2012-11-13_014506

こうなってしまったら、最後までリードされている
という嫌な気持ちを引きずって対戦が進んでいくことになります。

そういった場合に、いい結果になることはあまりないです。

もちろん、これは仮定だし、
最悪を想定していますが。

ここで、気にしなければいけないのは

前ラウンドを落としているのに攻めすぎということです。
これが自分が01を取っているとかなり有効な攻め方になります。

これと同じ状況で後攻だったら

さっきの例は、01を取られていましたが
今回は、前の対戦で01を取って、自分は
後攻スタートだと仮定します。

2012-11-13_015537

さっき説明した状況と同じですが、一つ違いがあります。
既に前ラウンド、01で勝っているということです

相手が
「これに負けたらもう終わりだ( o ω o ;)))」
と焦っていたら結構効果があります。

自分の場合に置き換えてください。
焦っている時は、大抵上手くいかなくないですか?
後がないときに、強気にガンガン攻められると結構嫌なものです

そこで、相手が1本しか入らなかったらかなりラッキー。
そのまま、3本使ってしっかりクローズすればいいです。

2012-11-13_020809

もし仮に、相手に2本入れられたとしても

2012-11-13_021149

仮にS20とS19にしか入らなかったとしても、
相手はさらに焦りますよね。

まぁ、もちろん先ほど説明した、自分が先攻の
場合と同じように5本入れられたとしても、前ゲームで
勝ってるんで3レッグまで持ち込めます。

自分自身が相手以上に入る場合もありますしね。

 

このように

どうですか?
同じ状況なのに、感じ方は大分違わないですか?

自分の実力以上の力を出す出さない・相手が
入れる入れないはコントロールできませんが、
相手の感じ方や心理だったらコントロールできます。

ただ、どちらにしろ迷いなくガンガン攻めた方が
外してくれる場合が多い気がします。もちろん
相手にもよりますけど。

ちょっと話がそれましたが
安全に守れるときは手堅く行き、
攻められるときは徹底的に攻める

という風にメリハリをつけて攻めて
行った方が確実に負けにくくなりますよ。

一度試してみてください。

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年11月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ダーツの戦略

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談