まずは、シングルアウトで残り60から考えよう:01の戦略

花のアレンジがきれい

 

どうも、しょーたです。

アレンジの基礎を書いていこうと思います。
最初はオープンアウト前提で話してきます。

むしろ、自分自身がまだマスターアウトを意識していないんで(^-^;)

※そもそも、アレンジとは?こちらを参照してください

 

アレンジはとっても重要な要素で、
対戦で勝ちたい人は必修です。

上級者ほど、アレンジの重要性を
知っていて、みんな研究しています。

ということで、今回は、アレンジの
基本的な考え方を紹介していこうと思います。

シングルアウト前提から始めよう

初心者の頃から、マスターアウトを狙う人がいます。

仲間内でダーツするときに、
「えーシングルアウトー!!???」とワイワイ盛り
上がってるのをみます。どこか、マスターアウトしなければ
恥ずかしいっぽいことを言う人はたくさんいます。

私は、逆に恥ずかしくて、今のレベルで
マスターアウトなんて狙えないです。

アレンジを知る前は私も同じように「マスターアウト狙い」は
普通だと思っていたし、それが練習になると思っていました。

上を目指すなら、最初から狙う練習をした方がいいと
考えていました。今考えると本当に恥ずかしいです。

上級者から言わせれば「え、そのレベルで
マスターアウト狙ってるの( ´_ゝ`)プッ」と笑われます。

いや、私が笑ったわけではないですよ?これは知り合いが言ってました。

でも、これって本当にその通りで「勝つ気あるのか?」と思われます。
これは競技としてやるなら当たり前ですよね。

勝ち方に拘るレベルではないですし、
まぁ、友達中で遊んでる分には全然問題ないです。

もちろん、普段はマスターアウト・シングルアウト両方を
意識して練習して、状況によって切り替えられる人なら
いいですけど、まだまだ初級者でマスターアウトを狙う人
ほどちゃんと研究してなかったりします。

 

まずは残り60から始めよう

まずは、シングル3本をきっちり狙える
状況から始めるといことです。

残り60はS20が3本で上がりです。

私が前提にしているのはRt.7前後を想定しています。

このレベルだとブルに入る確率が1本あたり20%
いかないくらい
なので、1ラウンドでブルに入る確率は
かなり少ないです。

おそらくトリプル率も10%を切るくらいの確率
なのではないでしょうか。

無理してトリプルを狙ってハズすのは勿体ないです。

入るか入らないかのギャンブルよりも、
最初っからブル狙ってる方が、遥かに
数字を削れる確率が高いんです

なので、61まではRt.7以下はブル狙いでいいです。アレンジは60から。

もちろ、格上相手であればトライしていかなければ
負けてしまいすが、基本的な考え方としてはシングルを
きっちり狙って上がるのを心がけるといいと思います。

 

こんな感じ

まずは、基本的な考え方です。
たぶん、こういうって聞かなきゃ気づけないと思うんですよね。

「そんなのいいから、入る方法を教えろ\(゜ロ\)」と
私も思っていましたが、本当に重要です。周りの人にまず、
「なんで今、あそこから狙ったんですか?」って聞いたら親切に
教えてくれますよきっと!

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年10月2日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:ダーツの戦略

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. まるまや より:

    >私は、逆に恥ずかしくて、今のレベルで
    >マスターアウトなんて狙えないです。

    いい言葉です。
    少し前にわりと大きな大会でプロ選手がダブルスで決勝に行っていました。
    セカンドの人は一般の人だったように思います。
    それで、最初の01でプロチームセカンドが上がりきれず残り11をパス→
    相手チームも難しいテンパイを上がれずプロの投げる番に→
    プロは11を迷うこと無くシングルアウト
    その時その選手は本物のプロだと思いました。

    • しょーた より:

      まるまやさん
      コメントありがとうございます。

      上手い人ほど勝つために徹底していて
      「凄いな」って思えますよね。

      逆に、上手くない人ほどマスターアウトしたがる
      のはいったいなぜなんでしょうね?

      いや、一時期私もやっていましたが(・ω・;)

      カッコよく上がるよりも、対戦に
      勝てた方が嬉しいと思うんですけどね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談