スタッツよくても勝てなかった経験:クリケットの戦略

クリケットを楽しむ子供

 

どうも、しょーたです。

今日はクリケットの戦略の重要性に
ついて書いていこうと思います。

私は、始めた当時から「自分より上手い人を
超えたい」という思いがあり、上手い人に片っ端から
対戦を挑んでいた時期がありました。

その中で、よく対戦してくれてる人がいたのですが、
実力はRt.13でした。当時の私がRt.6くらいでしたが、
弱いくせに強気で対戦を挑んでくる私がなんか面白
かったんだとか(笑)

ということで、ガンガン挑んではボコボコにやられてい
たのですが対戦していて、違和感を覚えることが多々ありました。
それは、クリケットで対戦しているとき。

どうしても、もう一歩のところでアッサリひっくり返されてしまうんですよ。

 

こちらが奇跡でスタッツ3後半打って、相手が
3前半だったにも関わらず、私がコロっと負け
てしまうことがよくありました

「うーん、これが地力の差なのかな(-_-;)」

と、当時は実力のせいにして、思考停止してしまっていました。
入れなかった自分が悪いと。

でもこれって、実はただ単に戦略が悪かった
だけなんですよね、今思えば。

スタッツで勝ってるんだから、
上手くやれば勝てないわけがないんですよ。

上手い人が格下とやって負けない理由

たまに、こちらが実力以上の力をだし圧倒的に入れて、
かつ相手の調子が悪い時は勝てますが、それは、
ほとんど起こりません。

それに、上のような状況が起こったときにも、
不思議と負けない上級者の強さ。

私は、追いつめていたはずなのに
負けることってたくさんありました。

この秘密って、クリケットの戦略を
知ってるか知らないかなんですよね。

上級者はどんな状況になっても勝つ確率をあげるために、
みんな日々努力してるんです。これに気付いたのは、
真剣に取り組んでから。

こんなの、誰も教えてくれませんでした。

ただ、努力するって言っても、ある程度
基本的な戦略の概念とかがあるので、
そこまで難しくはないんですよね。

あとは、心理戦ってだけで。

覚えただけで強くなれるって最高ですよね?
なら、覚えたほうが得です。

今度は、誰も教えてくれないクリケットの基本概念について
書いていこう思います。よかったら見てください(^-^)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年10月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ダーツの戦略

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談