2マークしてる部分があったらさっさとクローズする

0753一時期よくやっていましたが、2マークした状態のナンバーをほったらかしにしてました。今考えたら、なんてもったいなことしてたんだろうと思います(^^;)

 

 

どうも、しょーたです。

以前は、よくやっていましたが、自分が先攻のときに
したのような状況で回って来たとき、19オープンから
いってました。

2013-01-18_174339

状況によりますけど×が付いてるところは先に
クローズしなきゃいけないです。

点数差がない場合があまりない場合は
絶対にクローズしておいた方が得です。

点差をつけられる方が、巻き返すのがかなり
シンドイので数十点だったらクローズした方が
絶対後々楽になります。

例えば、このあと互いにスタッツ3くらいだった
場合、19オープンからいって

2013-01-18_180217

こうなったとしても、相手が20に3本入れれば、
たぶん自分のラウンドが回ってきたときにクローズまで
いけません。

20に2マークされているので、全部加点にくるかも
しれませんが1投目がトリプルだったら、そのまま
19クローズにだってこれます。

そこで、先にクローズしておくと

2013-01-18_180647

相手はオープンできなければ確実に
オーバーされてしまうのでプレッシャーもかかります。

全く何も知らなかった頃は、点数が負けていたら、
次の場所をオープンにいってましたけど、こういうのを
知っておくだけで幅が広がりました。もちろん自分の調子
とかによりますけど、強気にいった方がいい結果になる場合
もあるのでパターンのうちの一つとして。

まぁ、今の例のような状態なら、どんな状態でも
クローズの方がいいと思いますけどあまりに点差が
離れていると結構迷いますよね。

自分は点差が100点未満ならクローズに
いくという選択肢も考慮するようにしています。

点数が負けていても、先にクローズしなきゃ
いけない場合もあるというのを覚えておくと、
ちょっとは攻め方の選択肢が増えてクリケットが
面白くなりますよ。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年1月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ダーツの戦略

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談