クリケットのルール

Day 3 - Darts

ソフトダーツでは基本的に01-クリケットは
セットで対戦されている公式試合になっています。

ハードダーツでも公式試合として開催さてはいるが、
アメリカではハードダーツでも盛んにおこなわれています。

 

基本ルール

簡単に説明すると陣取りゲームで、
自分の陣地を拡大して、相手の陣地を奪いながら、
自分の点数を加算していくゲームです。

最終的に点数が多い方が勝ちとなります。

ゲームで狙うナンバーは
「20」「19」「18」「17」「16」「15」と「ブル」
だけを狙います。

自分の陣地にするには、いずれかの
ナンバーに3本のダーツを入れた
時点で自分の陣地にすることができます。

また、ダブルに入ったら2本分・トリプルに入ったら3本分と計算されます。

ちなみに、ブルはアウターブル(外側のブル)に
入った場合は1本、インナーブル(内側のブル)に
入った場合は2本と計算されます。

自分の陣地になった場所に、さらにヒットすると
その陣地の数字分加点されていきます。

※○マークとは、入った本数です。

 

それぞれの数字のシングルに1回ヒットさせると1マークとなり、

1マーク

2回ヒットさせると2マーク、

2マーク

3回ヒットさせると3マークとなり、この状態を「オープン」といいます。

3マーク’(オープン)

「オープン」した状態で、さらに次のラウンドにヒットさせると
オープンした部分の点数が自分の得点となります。

得点の説明

さらに、これはシングルに入った場合のことでダブルに入ると2マークです。

ダブル

トリプルに入ると3マークされます。

トリプル

この場合は、5本入ったと計算されて、
オープンのときの3本プラス、そのほかの
2本(20点×2)点が加点されます。

得点の説明2

また、相手側も陣地をとられた状態では、
点数を加点されてしまうのでこれを防ぐために
陣地を消す(クローズ)することができます。

クローズされた部分は、相手も自分も加点することが
できず、次の陣地をとりにいきます。

相手をクローズ

 

このように

オープン・クローズをして、相手の邪魔をしながら自分の優位な
状況をつくっていき、加点していくのが、クリケットとというゲームです。

単純なルールですが、深い戦略性があり、
心理戦などもある非常に奥が深いゲームです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談