01のルール

Darts

01はソフトダーツ、ハードダーツに関係
なく式試合でも必ず対戦される種目です。

ソフトダーツではレベルにより「501」「701」の
いずれかで対戦をし、ハードダーツは「301」「501」で
対戦を行います。

 

基本的なルール

各プレイヤーは決められた持ち点からゲームがスタートします。
ボードにヒットした点数から、持ち点を引いていきちょうど0に点に
することが出来た時点であがりになります。

持ち点は7種類あり
「301「501「701」「901」「1101」「1501」
のいずれかから選びます。

 

ブルの得点

ブルの得点だけはハードとソフトで違います。
ハードダーツではアウターブル(外側のブル)が25点、
インナーブル(内側のブル)が50点に設定されていて。

ソフトダーツはアウターブル・インナーブルともに50点に設定されています。

最近は、ソフトダーツもハードダーツの得点方式を採用していますが、
プロレベル以外はまだアウターブル・インナーブルともに50点の
得点方式が採用されています。

「オープンイン」「ダブルイン」「マスターイン」

点数を減らしていくにあたり、どこにヒットしても
ゲーム開始ではなくそれはルールによって違います。

「オープンイン」とは、どの部分にあたってもゲームが
スタートするというもので、日本のソフトダーツではほぼ100%、
このルールが適用されていることが多いです。

「ダブルイン」は、最初の1投目がダブルにヒットしなければ
カウントが始まりません。ハードダーツでは適用される場合があり、
ソフトダーツでは適用されません。

「マスターイン」は、ダブルかトリプルのどちらかに
ヒットしなければカウントが始まらないというものです。

ソフトダーツで適用されることがありますが、数年前の試合では
適用されていましたが、現在ではほとんど見ません。

「オープンアウト」「ダブルアウト」「マスターアウト」

これは、カウントの始まりの時の逆です。

「オープンアウト」は、どこに入っても0にすればあがりです。

「ダブルアウト」は、ダブルにヒットさせ、
かつちょうど0にしなければあがれないというものです。

「マスターアウト」は、ダブルかトリプルにヒットさせ、
ちょうど0にしなければいけないというルールです。

 

バースト

例えば数字を削っていき、最後に12という数字が
残った場合に20に入ってしまったらバーストとなります。

バーストとなったら、
残りの数字が10の状態に戻ってしまい、
すぐに次のプレイヤーへと交代になります。

「オープンアウト」の場合は、上記の状況でバーストとなります。

「ダブルアウト」の場合は、残り12の時は6のダブルに入れて、
ちょうど0にしなければバーストとなります。

「マスターアウト」の場合は、残り12の時は、6のダブルか、
3のトリプルにいれてちょうど0にしなければバーストになってしまいます。

 

以上が01のルールです。

ハードダーツでは、公式試合では、「オープンイン・ダブルアウト」か
「ダブルイン・ダブルアウト」が多く、ソフトダーツは「オープンイン・マスターアウト」
「マスターイン・マスターアウト」の場合が多いです。

数字を0に減らすだけなので単純なのですが、
実は非常に奥が深いゲームです。

戦略性などについては、今後紹介していきます。

 

 

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談