村松治樹:フォーム/スロー動画

2013-02-18_160037

村松治樹選手のフォームや投げ方について調べてみました。

村松選手は身長167cmなので自分と同じくらいなので参考にしてます。
身長によって腕の出し方とかも全然違ってきますからね。

セッティング

バレル

2013-02-18_145637

バレル名:RAPIER 2
最大径:7.2mm
全長:42mm
材質:タングステン90%
重量:16.5g
タイプ:アキュート

 

 

RAPIERを発売した当初は「カットが無いからみん
な買い替えてくれなかったらどうしよう・・・」と
村松選手は心配していたそうですが 笑

楽天で商品をチェック

今回はカットもあって、以前のモデルより
長くて太くなっているみだいです。

 

フライト

2013-02-18_181623

楽天で商品をチェック

フライトはシェイプです。
試合で、フライトの色が一個だけ白なのが気になっていたけど、
元から青×2、白×1だってんですね。なんか意味があるのかな?

ちなみに、単色で青だけと白だけもあるみたいです。

 

シャフト

2013-02-18_160550

楽天で商品をチェック

ロックって使ったことがないけど、どうなんでしょうね?

個人的には今のところFITが一番好きだけど、
新商品はやっぱり気になります。今度買ってみようかな?

 

シャンパンリング

2013-02-18_185102

楽天で商品をチェック

こういうのを使うか使わないかで、
道具の持ちも変わってきますよね。

もし、そろえるなら一緒に買いたいかな。

 

投げ方/フォーム

2013-02-18_192140

色んなインタビューに答えてる中で特に毎回
言われてるのが、「力を入れない」「ただ腕を曲げて伸ばすだけ。

一番効率よく力を伝えてること」という部分を特に強調されてました。

最初は、ものすごく山なり、始めてから2~3年ものすごく山なりで、
気付いたら体が自然に今の飛ばし方を覚えていたそうです。

 

フォロースルー
肘を上げるというより、ブルに向かって手を伸ばすと、
自然と肘が上がるという感じで。フォローの時の腕は、上げすぎずに肩から
指先までのラインをまっすぐ伸ばしていった延長上にブルがある高さに出せば
良いと書かれていました。

勘違いして腕を無理に上にあげすぎないのようにとのこと。
また、指先をしっかり伸ばしきることも意識して投げているそうです。

 

スタンス
スタンスについては毎回同じことができるようにという理由でクローズドスタンス。
左足は地面にふれている程度。体重は9:1で右足。足裏の真ん中がブルに
くるように置いています。

 

練習方法

最後に、練習方法には素振りが良いと言われていました。

「素振りは毎回同じ動きが出来るので空投げよりも良い」と変な癖を
つけないという意味でも有効なのかもしれませんね。また、注意点として、
適当にやるのではなく、いつも通りのスタンスやアドレスで、実際に投げる
ときのようにボードを想定して投げると良いそうです。

試してみます

素振りが大事とは、よく聞いていたけど実際には
やっていなかったのでやってみようかな?

フォロースルーについても、自分は腕を上に出しすぎ
ていたのでそこも治してみます。

いろいろと参考になりました。試してみます(^-^)

 

動画

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談