江口祐司(えぐちょ)のフォーム/スロー/セッティング

2013-04-14_221505

今も人気の江口祐司さん。私がダーツを始めたころに特にたくさん取り上げられていたプレイヤーさんですが、今でも現役でPERFECTをメインに出場されてる方です。

 

 

 

 

セッティング

2013-04-14_224119バレル名:  PLATINUM フェイ図2
最大径: 7.1mm
全長: 39mm
材質: タングステン90%
重量: 16.5g
タイプ:2BA

⇒ 楽天で商品をチェック

高額にも関わらずめちゃくちゃ売れているようで、
いろんなネットショップをみても品切れが多かったです。

かなりの高精度のバレルなので、生産自体もかなり時間が
かかるのでしょうね。これは仕方がないですね。

3本セットの重量公差0.03g以下、
寸法公差±0.01mmは すごいですね!
⇒ 楽天で商品をチェック

 

2013-04-14_223931
江口さんモデルのフィットフライトで、
使われているのはシェイプです。
デザインもかっこよくて、人気みたいです。
⇒ 楽天で商品をチェック

 

2013-04-14_223732
シャフトは、江口さん自身はインビトを
使用されているようですがこれは、色々な
長さがあるようです。

デザインもカッコよくて人気があみたいです。
⇒ 楽天で商品をチェック

 

フォーム

スタンス
江口さんは、クルーズドスタンスでカカト重心、
前足に9、後ろ足に1の割合で立っています。
体をなるべく前に出すようにしていますが、 前に
流れてしまいやすいそうです。

なので、体が前にいかないようにということは気を
つけているそうです。動画などでは、「壁をつくる」
という表現されていました。

肩ボード、カカトが一直線になるように

 

グリップ
2013-04-14_234448

グリップは、追及しだすとキリがないので、ぱっと
持って、一番持ちやすい形という意識をしている
そうです。プロの方ほど、こうやってシンプルに
考えられてますよね、参考になります。

形としては、親指と人差し指でカットを握り、
中指と薬指をチップにかけています。
また、小指だけ立てることで他の指に力が
入らないようにしています。

 

スロー
2013-04-14_232142

グリップしたとき親指の付け根が
手首、肘、肩と一直線にして、縦の軸を
しっかり作ることを意識されてるようです。

『この軸がしっかり出来ていればリリースに向かう時に
肩と肘で作った下の軸の力をしっかり肘から手首の
上の軸に伝えられるかなぁって思ったからそうしてます』
とのことでした。

力を抜いてスムーズに投げられるようにしていて、
ラインをイメージして、そのラインに送り出すよう
に意識しているそうです。

動画

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談