友達が出来る楽しさ:さらにダーツを楽しむために

バー BAR

どうも、しょーたです。

ダーツって気軽に始めることは出来るけど、
深く関わろうと思ったらちょっとだけとっつき
にくいですよね。

趣味として始めようと思ってダーツバーに
行っても、初心者や一見さんには厳しいところが
多くて(もちろん違うところもあります!)中々、
仲間に入るのが難しいです。

まるで、転校先の学校で、なかなか
周りのグループに入れない子供みたいな。

自分から話しかけなければ、ほぼ空気状態で、
がんばって自分から話しかけてみても、話が合わ
なかったら「この人は自分と合わないな」と判断されて、
少し言葉を交わすだけの関係になってしまったり。

逆に話しかけられて、その時は話しても、
その後全然話すことはなくなったり。

ダーツに関しては、みんな趣味で
来ているのでなおさら「別に、今後深く
付き合えそうにない人や気が合わなそうな
人とは無理して付き合わない、

面倒臭い」と思うのが普通です。

だって、自分だって、わざわざ気が合わなそうな人に
あえて話しかけないでしょ?仕事じゃないんだから。

ダーツバーって誰でも簡単に出入りできるから、
常連さんは、かなり人を選びます。

ダーツバーの店員も元々ダーツが好きで「店員もやってみたい」という
理由で始めた人も多いみたいなので、どうしても自分が話しやすい
「常連客」「常連になりそうな客」「経験者」に話しかけてしまって、
結果、新規の人をないがしろにしている所が多いです。

それに、客の中にも、ほっといて欲しい人もいるので、
わざわざ地雷を踏みたくない。その辺も難しいですしね(-_-)

まぁ、こんなのは何を始めるにも全く同じだと思いますが…。

 

入りこめたときの楽しさ

ただ、仲間になれたときは、本当に楽しいです。

みんな、かなり仲間意識が強いので仲間になるのは
難しいですけど、入り込めたら、 かなり楽しいです。

ダーツ以外で遊びにいったり飲みにいったり、
旅行にも一緒にいったりする仲間も出来たりします。

私は、仕事だけの毎日で辟易していましたが
ダーツバーで仲間が出来た途端に毎日が楽しくなりました。

当時はダーツしにいくために、
いかに仕事を早く終わらすかを考えるようになりました(笑)

利害関係がないので、気が合えば本当に仲良くなれます。
仕事関係の人間関係だけでは疲れてしまいます。

やっぱり仕事上での関係って(社内・社外共に)
大なり小なり、実利的な利害関係を含んでます。

そういうものから開放されたコミュニティを
一つでも持っておくのも、楽しいですよ。

ダーツを趣味にしたい人は

ただ、やっぱり常連になるのは難しいですよね。

育ってきた環境や考え方が違うから、
どうしても一度話しただけじゃ理解してもらえない。

結局自分から積極的に話しかけたり、
アピールしていかなければ、なかなか
溶け込むのは難しいです。

自分もダーツを始めようと思ったとき、本当に苦労しました。

きっとあの他人を寄せ付けない空気感に 跳ね返された
人も少なくないんじゃないでしょうか…?

ただ、頑張って入っていけたら、
本当にかけがえのないものになります。

ちょっと勇気を出して、がんばって通えば、
とても居心地のいい場所になりますよ(^-^)

No related posts.

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談