サイキングアップの方法と重要性

201099300065

サイキングアップという言葉をご存知でしょうか?

耳慣れない言葉ですよね。実際私もメンタルトレーニングの本を読んで初めて知りました。簡単にいうと、自分の興奮をあげる方法です。

 

どうも、しょーたです。

サイキングアップって初めて聞きましたが、どういったものなのか?
これは、リラクゼーションと反対です。

「なんとなくやる気がでない」「恋人にフられて試合どころじゃない」
「緊張でプルプル震えてしまう」「リラックスしすぎてしまう」のような
精神的に落ち込んでいたり試合や練習に向かうような状態じゃないときに
自分を奮い立たせる方法
です。

バイアグラみたいなものですね(^-^)

ボクシングやラグビーのような激しい競技では、興奮を高めるのは
重要だと思いますけど、ダーツみたいな静かな競技では必要ない
かっていうとそんなこともないと思います。

実際に、ある日本のダーツのトッププロの選手がインタビューで
試合に挑む時の心理状態についてこういってました。

「相手を見下すような気持ちで挑むと成績がいいので、試合のときは
意識している」これを見てもわかるように、サイキングアップの重要性は
わかるのではないでしょうか?

メンタルトレーニングでは積極的にこのサイキングアップを取り入れて
いるですが、日本では一番軽視されている部分だそうです。

ただ、生理学的にもドーパミン(快感ホルモン)が脳から分泌されて、
脳が活発に動き意欲が湧いてくるので、効率的に練習するのにも重要です。

試合前だけではなくて、練習前にも取り入れることで「好きなスポーツを楽しく
練習する」という当たり前だけど、長くやっていると忘れている気持ちを思い出し
ながら練習ができるので、練習の効果もだいぶ変わってくるそうです

実際、知野真澄選手の教材DVDでもサラっとが言っていましたけど、
そういった細かい考え方というか、取り組む時の心の持ち方が上達に
影響するんだと思います。実際、私の周りの上手い人も似たようなことを
言ってました。

具体的な方法

具体的なサイキングアップの方法ですが、

  1. 呼吸法:リラクゼーションとは逆に、わざと呼吸を速くする
  2. アップテンポな音楽を聴いて、気持ちを高める。音楽に合わせて体を動かすとさらに良いそうです。音楽を聴くのはプロスポーツ選手でも試合前にやってるってというのは聞きまね
  3. セルフマッサージ:強めに体を揉んだり叩いたりする方法です。お相撲さんが、試合前に体を叩いたりしてますよね
  4. イメージ:これからの試合でうまくいくイメージをしたり、自分の理想の選手をイメージしてから練習や試合に臨むというものです。
  5. これはものすごく個人的な方法ですが、絶対に負けたくない大嫌いな人を想像します。ダーツではないのですが、やる気を出たりするときって、自然と思い浮かべたときにやる気や興奮に繋がるので、取り入れてみようと思います。
  6. 左右に体を揺らす。これは、個人的に入っているときは無意識にやっていたりするので。

また、団体競技とかでは、こういう声だしはよくみたことがありますけど、こういうのも
サイキングアップの一種だったんですね。メンタルトレーニングも奥が深いですね(^-^)

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. サイキングアップ・・・かどうかわかりませんが、自分がリーグとかの試合でやっ

    てるのは、とある一点を注視するってことをしてます。

    例えば、壁に掛かってる時計の12の文字を注視するとか、ポスターの『開催』の『催』

    を注視するとか。

    そして、できるだけゲーム中の相手が投げてるときは同じことをする。

    ただ、注視すればなんでも良いわけじゃなくて、自分のダーツのフライトとか近すぎるも

    のを注視すると、ボードとの距離感がダメになるし、ボードの20とかを注視すると相手の

    スローが気になってダメだし。

    と、個人的にはやってます。

    それと、音楽を聴くとかやってましたけど、それも効果あるんですねぇ。

  2. しょーた より:

    コンサクさん

    試合とかで勝てる人って、こういったのされているんですね。

    自分は全然意識してなくて、全然勝てなかったです。

    自分もコンサクさんの言われてるのも取り入れてみます^^

    テンポがよかったり、自分の中でテンションあがる音楽は

    いいみたいですよ。

  3. しょーたさん>

    まぁ、結局のところは、いかにいつもの自分のペースで投げれるかですよ、たぶん自分の

    やってる注視ってやつは。

    それにプラスして、音楽で気持ちを上げたりとかをするんでないかなと。

    ・・・と、コメントをレスしてもらってから気づきました(笑)

  4. しょーた より:

    すごく簡潔でわかりやすいですね、ハッとしました!

    そういわれればなんとなく意識のしようもありますね。

    たしかに、自分は試合でペースが乱れまくりです(苦笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談