具体的な目標設定

2011119100018

メンタルトレーニングで、まずはじめにすることは具体的な目標設定をすることだそうです。

 

 

どうも、しょーたです。

どんな、メンタルトレーニングの本を読んでも、
最初にやるべきことといのは同じです。

それは、目標設定です。

目標が決まっているからこそ辛い事にも耐えられるし、
モチベーションを維持することができるし、やることが
明確になるんだとか。

ただ、「おれは今年中にRT16になる!」というだけでは
不十分で、そこにたどり着くための具体的なプロセスを、
どれだけ具体的に思い浮かべられるかが重要になっていくんです。

たとえば、受験。

大学や高校受験の時は、進学したい学校(具体的目標)を
決めて、そこから準備にとりかかりますよね?

受験まで1年あったとして、試験範囲と科目を確認する。

そして、1年での具体的なスケジュールを決めると
思います。1カ月後にはこの範囲までを終わらせて、
3か月後にはここまで、半年後には・・・と、具体的な
プロセスを決めて勉強に取りかかりますよね。

そうやって実際に志望校への合格をつかみ取ります。

これは、受験に限らず、すべてにおいて同じですよね。

仕事もそうだし、スポーツもなんでもそう。目標がしっかり定まっていて、
そこまでの過程がハッキリしているから辛くても頑張れるんですよね。

そして、その目標はワクワクできるものだからこそ頑張れるんですよね。
受験であれば、新しい環境への期待感や出会い。就職を想い浮かべる
人もいるだろうし。

こんな風に、ダーツでも、1カ月後、3か月後、1年後、10年後と、
具体的なワクワクできる目標と具体的なプロセスを考えるのが重要
なんですよね。

とはいっても

こんな話は、どこかで聞いたことがある話で、
やるのって面倒ですよね。それに、趣味の一環で
やっているんだからそこまで考えられない。

自分も正直、あまり、いつまにこうなろうとかは思い浮かばないです(^^;)

ということで、自分は自分が思いつく軽く考えた
範囲で考えてみました。

具体的な目標
■1年後・・・今年中にRt.10の壁を突破する。
11とか、12くらいにはなりたいな。
という目標にしました。「3か月以内にAフラになる!」とか
いってなれたことがないのでちょっと現実的に考えてみました。

10なら行ったし、それより少し上なら、きっかけがつかめればいけるかなと。

具体的なプロセス
■リリースポイントを一定にするために、投げ方・フォームを改善する
リリースポイントと力加減が一定なら、絶対に同じように飛ぶので、
それができるようにフォーム作りをしていく。

■グルービングをアップさせるために、筋肉をつける
矢速が速い方が飛びは安定する。力をつけて
軽く投げても飛びがよくなるように体つくり

■狙い方を変える
的の見方・狙い方を変える。今まではリリースポイント
だけ意識してたけど、ラインイメージや狙い方を変えてみる。

■メンタルトレーニングを取り入れる
メンタルトレーニングを勉強して、練習に活かす。

■その他、情報収集
いろいろ、周りの人の話を聞いたり本を読んだり。

今考えた範囲で思い浮かんだのはこれくらい。
ここから変えるかもしれないけど、そのつど修正した
のを書いていこうかな。

目標やプロセスはあくまで今考えつくことで、
見積もりが甘かったりすることもあるので都度
変えていこうと思います。

こんな感じで初めていこうと思います(^^)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. おぉ!

    なんか具体的ですね!

    で、ブログにコメントもらったやつのレスをこちらにも。

    ハードのスコアソフトですが、『ダーツ n01』でググると最初の方に出てくるので、

    レッツダウンロードです!

    ・・・もうダウンロードしてたら、さーせんm(_*_)m

  2. しょーた より:

    コンサクさん

    コメントあしがとうございます!

    これでいいのかわからないけど、とりあえず書いてみました^^

    なるほど、了解です。まだダウンロードしてないので、早速ググって

    みます。

    こんな便利なものがあるなんて本当知らなかった・・・!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談