練習日記をつけるのが、重要らしい

2013-02-05_164142

日記なって、自分は今までつけたことがないです。どうしても面倒だったりして、結局途中でやめてしまうんですよね(^^;)

でも、実際はこういう地道な作業がとっても重要で優れた人がやっていることらしいんですよね。

 

どうも、しょーたです。

自分はかなりズボラな性格で、結構三日坊主で
終わることが多いです。日記なんかも、あまり
続かないんですよね。

後から読み返すと恥ずかしいし。

だけど、こういった日記をつけるというのは
メンタルトレーニングにはとっても重要

で、日記つけてないとメンタルトレーニングやってるとは
言えないというくらい重要なのだとか。

人間は基本的に、短期的に同時に覚えていられることは7つ程度。

例えば、やかんに火をかけながら、歯を磨きながら、
テレビを見ながら、さらにそこからメールを見て・・・、
とやっていたら最初のやかんのことを忘れてしまうんです。

つまり、ダーツ練習しにいって色々気付いたことがあっても、
家に帰って、テレビを見て、着替えて、明日の仕事の流れを考えて・・・と
やっているうちに全部忘れちゃうんですね。

思いだそうと思えばできますけど、時間が立つにつれて記憶は薄くなってます。

だから、習・復習のために日記をつけることがですごく大事なんです。
会社の日報と同じような意味で付けているんですね。

さらに、書いているとイメージトレーニングにもなります。

記憶を反芻することで、良いイメージがついたり、逆にダメだったときでも
「次はこうしよう」と考えたりできるようになります。

ということは、ブログに記録したりするのもイメージトレーニングになんですね^^

とはいっても、そういう効果を知ってやるのと知らないで
やるのではまた効果が違うと思うので、しっかり意識しながら
記録をつけていこうと思います!!

付けるときは良かった点、悪かった点、次にどうするか?

なんかを書いていこうと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談