集中する方法

a02dad4d

よく「集中しろ」ってて言われたりしますけど、そもそも集中ってなんなんでしょうね。

集中は大事だけど、あまりよくわかっていなかったです。

 

 

どうも、しょーたです。

一口に集中といってますけど、専門的に
言えば集中にも「深さ」と「内的・外的集中」があるらしいです。

深さには4つの段階があって
注意を払う ⇒ 興味を払う ⇒ 心を奪われる ⇒ 無我夢中
まであります。

身近な例でいうと、子供がゲームに夢中になって、親が
呼んでるのに気付かないのと 同じような状態ですね。
「好き」とか「楽しい」という感情が入っているときに
無我夢中な状態になれるので、心にストレスがある状態は
よくないみたいです。
こういう心理状態、「楽しくて、無我夢中」という状態に
自分を持っていくのが重要みたいです。

 

次に、集中力には
・内的集中: 筋肉の動きやイメージ 、戦略をたてる
・外的集中: 相手の動きや状況を把握する など

外的集中には2つあって、飛んでくるボールなどに集中する一点集中と、
周りの状況や相手の状況を把握する分散集中。この2つを上手く切り替えて
スポーツなんかをしていたりするんですね。

集中力には個人差があって、よく持続時間が取り上げて集中力と言うけど
あまり気にしなくてもいいみたい。10分しか集中できないなら、短期集中で
目標を設定していけばうまんくいくんだとか。

 

具体的な練習方法

具体的な集中方法として

普段の練習
1:深呼吸
2:深呼吸をしながら一点をみつめる
3:うまくできるようになっても、無意識で体が動くように反復練習する
4:試合と同じ状況を想定してストレスや、プレッシャーがかかる状態で練習する
5:行けるのであれば、試合前に下見に行く
6:いつでもどこでもすぐに集中できる言葉や動作を作っておく

試合
1:深呼吸
2:深呼吸をしながら一点をみつめる
3:自信がなくても、あるようにふるまう
4:試合前のパターンを決めておき、相手や周りのことを気にする暇がないようにする
5:いつでもどこでもすぐに集中できる言葉や動作を作っておく

あと緊張しないために、「開き直って」て集中できるようにする
というのもあるみたい。

集中できる合図や動作というわけではないけど、卓球の福原愛選手は
試合のときは毎回同じ香水を付けていき、それを嗅ぐことで集中する
そうです。

細かいことですけど、こういう細かいことの
積み重ねが、試合での勝ちにつながるかな?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談