試合に出るのが、上達への近道

東京湾花火大会

ダーツに大会があるのは知ってますか?

ゲームセンターでやったことあるくらい
なら、知らないと思います。

私も、ダーツを通じての知り合いから聞いたくらいで、
全く知らなかったし、参加方法さえ知りませんでした。

大会って、敷居が高そうですけど、
レベル分けされているので誰でも
参加できますし、出たら、ますます
やる気がでてきます。

私の場合は、最初はハウストーナメントに
でたのですが、緊張で入らずボコボコに
された記憶があります。

そこから悔しさのあまり、練習をしっかりして、
対戦にも積極的になるようになりました。

一度経験してみるのが一番かと思いますが、
やっぱり目標がないと途中でダレてしまうので、
こういうのを目標にやってくのも楽しみ方の一つですよ

ここでは、大会の種類を軽く説明してきます。

 

ハウストーナメント

これが、おそらく、誰もが一番
最初に出る大会だと思います。

ハウストーナメントとは、
ダーツバーやダーツビリヤード場単体で
開催する、常連さんを集めた小規模な大会です。

よく行くお店があるなら、だいたい顔見知りばかりになります。
大会というのも、少しニュアンスが違うきがしますが。
お店の方針にもよりますが、だいたい月1開催の所が多いです。

常連じゃなくても、参加することが出来て、電話一本で参加させてくれます。

ちなみに、あまり詳しくは知りませんが、
日曜はあまりお客さんが集まらないので、
日曜開催が多いって、聞いたことがあります。

顔見知りが多い方が、とっつきやすいのでまずは、
いきつけの所で出るのがオススメです。

あと、参加費も2~3,000円とかなので、
経済的にもお得です。(ゲーム代は別です)

もしある程度慣れてきたら、別のお店で出てみるのもオススメです。
そこで知り合いが増えたりするので、また別の楽しみになりますよ

大会

ビックトーナメントは、数千人単位の大きな大会から、
小さな大会まで幅広くあります。ダーツのメーカーなどの主催で、
参加人数もすごく多くて、プロの方も参加します。

実力でレベル分けされているので、安心して大会に参加できます。

参加費は5~8,000円くらいで参加できてるので、
本格的にやりたいならこういうのに出るのもありです
(ゲーム代込みの方が多い)。

出ようと思えば、毎月大会に参加することが出来ますが、
主催しているメーカーの台を使っているダーツバーじゃなきゃ
参加できないなど、色々制限があります。

いろいろな大会に出たい人は、大会に出るためにいきつけを
数店舗作ってお店の人と仲良くして、出させてもらっているようです。

リーグ

リーグは、チーム戦です。1試合単発ではなく、
数十チームで総当たりで対戦していきます。

けっこう、真剣にやっている人が多く、練習会したり、
部活みたいにやっているところもあります。

現在は、ダーツメーカーが主催するものから、地域限定のものまで様々です。

だいたい、参加する人は歴が長かったり、
本格的にやってる人が大半です。チームのために
負けられないというプレッシャーが逆に楽しいですよ。

 

まずは

まずは、ハウストーナメントに参加するのがオススメです。

ハウストーナメントなら気軽に参加できるし、
飲みながらワイワイできます。

そこで知り合いが出来れば大会もリーグにも
自然と誘われることが多くなるので、是非とも
やってみてほしいです。

 

次はもうちょっと詳しく書いていこうと思います。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:大会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談