チップの基礎知識

ダーツ!

「チップ」「ティップ」と呼ばれていて、
ダーツの的(盤面)に刺さる、先端の針の部分です。

バレルに装着するものですが、ダーツのバレル側が
メスネジ、チップ側がオスネジになっています。

基本的には消耗品なので、使用しているうちに
曲がってしまったり折れたりしてしますので、
ストックを数十本常に持ち歩いているものです。

現在は、材質や長さが研究されてきて、
使用者の好みによって、自由に選ぶことができます。

その他にも、ハードボードでも使えるように、
先端が鉄製のものがあります。

また、最近ではバレル側にオスネジがついていて、
チップ側にメスネジがついている「4BA規格」のもの
もが増えてきています。

 

チップの様々な種類

ここでは、大まかな特性と、選び方を紹介していこうと思います。
チップの種類は、大きく分けて「2BA」「4BA」「コンバージョン」の
三種類があります。それぞれの特性と一部ではありますが種類を
ご紹介していきます。

 

2BAタイプ

ロングリップ ショートリップ

このタイプのチップが最も一般的です。樹脂素材で、長さには2種類あります。
短いほうは「ショート」と呼びますが、通常の長さのものは「ロング」や「チップ」と
そのまま呼ばれていたりします。

それぞれの特性として、

長い方は、
・折れにくく長持ちするが、先端が曲がってしまい刺さりにくくなります
・使い続けると、先端が曲がり、刺さった時にダーツの重みで揺れてしまいます
・ずっと折れないので、変え時に困ります
・揺れるのが気になる 気持ち悪いという方はショートの方を使用しています

短い方は、
・長い方と比較すると折れやすいが、先端がグニャグニャになりにくい(なる前に折れる)
・刺さった時に揺れずらく、「ガツン」と刺さったときの音がおおきいです
・短い方が、刺さった時気持いので使っているという方がいます。

どちらも一長一短なので、投げてみて好みの方を選びましょう。
感覚的には、通常の長さのものを使用している人が多い。

 

 

4BA

リップポイント アキュート

チップの方がメスネジになっている、逆ネジタイプです。
バレル側にネジ山の凸があって、そこにかぶせるように装着する。

基本的に、長さは1通りしかないです。

日本のソフトダーツのプロプレーヤーが、ハードダーツの
試合にも出るようになってきたのですが、

ハードダーツの試合ではほぼ全員がハードダーツ用の矢に
持ち替えます(先端に鉄製の矢先を圧入しているダーツ)。

ハードダーツは、ソフトダーツと比べて重量の違いが大きく、
同じ形状のダーツでも重心がチップ側に変わってしまいます。

少しでも投げる際の感覚を統一しようと、逆ネジの
バレルを使用するプロの方もいるようです。

 

 

コンバージョン

チップを付け替えれば、ソフトダーツでも
ハードダーツとして投げられるように作られた
のがこれです。

私の周りでは、大抵、家での練習用に
ハードボードと一緒に購入される方多いです。

大きく分けると、材質に違いと特徴があり
「ジュラルミン」「スチール」「カーボン」があります。

各パーツの基本的な特徴を説明していきます。

 

 

コンバージョン ジュラミン

長所
ジュラルミンは、重量が非常に軽く、ソフトダーツの
チップと比べても全く違和感なく投げることができます。

私が一番最初に購入したのはこのタイプです。

短所
短所としては、どうしても盤面から抜くときに変な方向へ
力を入れてしまってか、どんどん曲がっていきます。

私は、なるべく気をつけて、刺さったところから、垂直に
抜くよう心がけましたが曲がってしまいました。

刺さった際の自重でも曲がっていく可能性があるようです。

値段もそれなりなので、コストパフォーマンスは悪いです。

 

 

 

コンバージョン カーボン

長所
こちらも非常に軽く、ソフトダーツのチップと変わりなく
使用できます。本当に刺さるか半信半疑でしたが、
しっかり刺さるし、ジュラルミンのように曲がっていきません。

ソフトダーツと同じ感覚で投げたい方にはお勧めです。

短所
使用していくうちに、どんどん削れていきます(えんぴつみたいなもの?)。
除々に削れていき短くなっていくと供に、先端が丸みを帯びてきて刺さりにくく
なります。私は先端をカッターで研いで使用していましたが、やはり手間です。

値段もそれなりなので、コストパフォーマンスは悪いです。

 

 

コンバージョン ブルズサターコンバージョン アキュート

長所
先端がスチール製なので、曲がりません。使用していくと、
若干先端が丸みを帯びてきますが、自宅で使える専用の
研磨機材があるので、研いで何度でも使えます。買い替えが
面倒な方にはオススメです。

短所
スチール製なので、どうしても重量があります。
装着すると重心が若干移動するので(5mmく~1cmくらい)、
ソフトダーツのチップと同じ感覚では投げれません。

「なんだ、そのくらいの重心の変化なら大丈夫だ」と聞こえてきそうですが、
投げ方やグリップによっては、かなり影響がでるので、常に意識して練習しないと
調子が崩れてしまいます。

メーカーにもよって、重さは様々なので、練習用なら、なるべく軽いのがオススメです。
ちなみに、私が使用しているのは、【Bull’s Star】というメーカーのものです 。
重さも、スチール製の中では比較的軽いです。

4BAタイプもあるので、ありがたいですね(^v^)

たまたま、すべて使用した経験が
あったのでレビューさせて貰いました。

お役にたてれば幸いです。

そして、もし「こっちの方がいいよ」というのが
あるのなら是非とも参考にさせてくださいね(^^)

No related posts.

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談