ダーツの構造

ダーツは4つのパーツから構成させています。

2012-11-08_175659

 

「チップ」

ロングリップ

チップとは、ダーツの先端にあたり、的に刺さる部分です。
ハードダーツは金属製で、ソフトダーツはプラスチック製です。

ハードダーツの方は長さに違いはないが、
ソフトダーツは「ロング」と「ショート」の2種類があります。
ロングの方が耐久性はあるが先端が曲がりやすく、刺さりにくくなります。
ショートの方は折れやすいが、刺さりやすいという特徴があります。

「バレル」

砲弾

バレルは、ダーツの本体であり、この部分を持って投げます。
素材は様々ありますが、細くて重い方が投げやすいと
言われていて、現状、最もポピュラーな素材は
タングステンと呼ばれるものが使われています。

現在は、加工技術も進み、形状や刻み(溝)など
様々など種類のものが発売されています。

「シャフト」

インビド

ダーツの最後部のフライトを取り
付けるための部分です。

長さによって、総重量やバランスに影響が出て、飛び方が変化します。

長さや材質などは様々な種類があり、取付けた
フライトが回転するものや、シャフトからフライトまで
合体したものまで、多様性があります。

 

「フライト」

2012-11-08_183126

ダーツの羽の部分です。
ダーツを投げた際、空中で安定して
飛ぶために必要な部分です。

様々な形状・素材のものがあるが、
このフライトの面積が大きいほど
飛び方が安定して、山なりに飛んでいきます。

逆にフライトの面積が小さいほどシャープに、
直線的に飛んでいきますが、コントロールが難しいです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれてます

人気記事一覧


スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像
借金相談